• 2009年05月 の記事一覧

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年05月07日(木) 記事No.2
1.岸田劉生展で感じた美しさ

アニメーションの固有性ってなんだろうと考えて行くと結構難しくて中々答えが出ない今日この頃だったんですが、絵画を見て少しヒントになることがあったのでメモ的に雑記です。
行ったのは岸田劉生展です。この岸田と言う画家は初期の頃と後期の頃とでだいぶ画風が変わっているんですね

どのように変わっているかと申しますと色んな海外の画家など影響を受けてその亜流みたいな絵を描いていたこともあったのですが、その後写実の道に進みます。

「写実」と言う分野は写真とはどう違うのかと言う問いに答えねば美術界で地位を確立し得ない分野であります。
劉生は「内なる美」や「真如」と言う物の表現に「写実」の素晴らしさ、絵画における美の本質を見出しました。
劉生の「内なる美」という概念は簡単に言うと、美術を唯心的領域にもちこんで考えると言うことです。そしてその唯心的な領域にあるものが「内なる美」なのです。

スポンサーサイト
anime |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。